2008年01月14日

医療通訳者になれるのは?

私の場合は大変特殊で正社員として医療通訳者の職を得、なんとかアパートを借りて一人で暮らしていけるだけのお金をもらっています。しかし、日本国内の状況を見てみると、そういう働き口はほとんどないようだということが分かります。

私は通訳学校でプロとしての通訳技術を学ぶのに、150万円程度使いました。2年しか通っていないので、これはまだ安いほうでしょう。英語の勉強を始めてからの学習費を考えると、膨大な額になります。

医療通訳は決して日常英会話が出来るだけで、できるものではありません。通訳学校でのプロとしての通訳技術を学ぶことが必要です。学校でなくてもできる?私はそうは思いません。半年に1度程度の(通訳の)研修を受けても、技術は身につかないからです。通訳技術はスポーツ選手の技術と似ている。何度も何度も繰り返して体にしみこませるものだからです。

医療知識を増やすことも大切ですが、通訳技術がなければ通訳はできません。通訳学校で学んできた人の常識、やり方と、そうでない人との差がとても大きいのには驚きました。見よう見まねでやっている人もいますが、どうメモを取ってどう訳すかを見ているとすぐにわかります。少しであれば問題ないかもしれませんが……医療知識は日本語母語話者であれば日本語ベースで増えていきます。通訳技術は日本語と外国語とのコラボレーションです。それは、ある程度の期間学校などで指導されながら、継続していくことが本当に大切なのです。

でも、実際に医療通訳を始めてみたら、「交通費しか払いません」「ボランティアですが、1回につき1500円程度の謝礼は出せます」という程度だったらどうでしょうか。誰がウン100万もかけて通訳技術を学んで医療通訳者になりたいという人がいるでしょうか。

人助けだから、あなたも犠牲になってください?それは違うと思います。

しかし、上の「交通費しか払いません」「1回1500円の謝礼」が現実です。さまざまな医療通訳のシンポジウムなどで、「それではいけない」という声はあがっているようですが、声をあげている大半が医療通訳者側で、病院からの賛同はわずかのようです。

それならば、ということで、医療通訳者に普通に働くのと同じ程度でも給料を払い始めた病院があるでしょうか?ちなみに私が社内通訳で働いていた時の月給は30万円程度でした。(残念ながら今医療通訳者としてもらっている額はこれよりも少なくなってしまいました)

今の現状では、私は医療通訳が出来る環境にあるのは、とてもお金持ちで働かなくても良い人だと思います。ご主人がたくさん稼いできてくれる主婦の方や、学生でしょう。学生も卒業するまででしょう。卒業後、就職したのに平日(病院通いは平日ですからね)に仕事を休んでまで数1千円の仕事をしてくれる人はなかなかいないと思います。それから、働かなくても良い、退職後の人。

これから、どうなるのでしょうか。主婦と学生、退職者以外が、自ら進んでウン100万かけて技術を学んで、それでも医療通訳者になろうという未来がやってくるでしょうか?

医療通訳研究会という大阪の研究会ががんばっているようです。応援したいと思います。
posted by アケ at 13:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

医療通訳者のジレンマ〜患者のため?

医療通訳の仕事をしていると、患者さんに話し相手、相談相手になってほしいとか、逆に病院から患者さんと家族の話をスパイしてきてほしい(スパイ、とは言われませんが、何かこちらに話していない重要事項があれば、伝えてほしい、と)とか、どうしたらいいのか悩んでしまう状況に陥ることがあります。

先日もそんなことがありました。(一例執筆中)

そんな時に頼りになるものがあります。

(執筆途中)
posted by アケ at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

医療通訳者になるまでの道のり

医療通訳者は、通訳者の中でも特殊で、実際プロとしてやっていけるまでの道のりも、同じくちょっと変わったものになります。

私の場合、通訳の学校に2年間通い、その後普通の社内通訳として数年働きました。

(執筆途中)
posted by アケ at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月12日

医療通訳者の求人

私の場合はラッキーでした。医療通訳者の求人はまだまだ多くはありません。しかも、ひとりで食べていけるだけの十分な給与を出してくれるところは一握りもありません。

むしろ、「ただでやってくれるのが当然だろう。人助けなのだから」というスタンスの病院ばかりです。

医療通訳者として生活をしていくためには、単に技術や知識を磨くだけでなく、人的ネットワークを広げ、求人がないかを、禿鷹のごとく(?)狙っている必要があるのです。
posted by アケ at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。