2008年01月14日

医療通訳者のジレンマ〜患者のため?

医療通訳の仕事をしていると、患者さんに話し相手、相談相手になってほしいとか、逆に病院から患者さんと家族の話をスパイしてきてほしい(スパイ、とは言われませんが、何かこちらに話していない重要事項があれば、伝えてほしい、と)とか、どうしたらいいのか悩んでしまう状況に陥ることがあります。

先日もそんなことがありました。(一例執筆中)

そんな時に頼りになるものがあります。

(執筆途中)
posted by アケ at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。